• HASUMI

切らない眼瞼下垂手術・大人の埋没手術の経過

更新日:3 日前

こんにちは、院長の蓮見です。

本日は、眼瞼下垂で困っているが、切るのは怖いので、埋没で手術をして欲しいというご希望の患者様の術後経過をご紹介します。(*ご本人の了承を得て写真を掲載しております。お写真のご協力ありがとうございました!)


常におでこを使ってものを見ているので頭痛に悩まされているとの事です。

切れ長のおきれいな方ですが、瞼の皮膚が弛緩していて被さって見づらそうです。持ち上げるためにアイプチを使用しているが毎朝苦労しているとの事。




切るのは怖い、ダウンタイムも長くなると困るとの事で、埋没手術をご希望でした。私は余剰皮膚も結構あるので皮膚も少し取った方がきれいな二重が出来ると切開術を勧めたのですが、ご本人の強い希望で埋没手術を行う事になりました。



デザインです。ご本人の本当の二重は眼瞼縁から3ミリくらいのところにあり、そのため、皮膚の折り畳み効果が少なくて、余剰皮膚が被さってくるので、その5ミリくらい上方に新しい重瞼線を作ることにしました。そうすれば折りたたまれて1センチくらいの皮膚の短縮効果が期待できるはずです。



手術1週間後です。

同じように手術をしているのですが、腫れ方が違う事はよくあります。

この方は左眼が左眼がかなり腫れているので治るか心配されていましたが、腫れは必ずよくなりますのでここは辛抱しかありません。



2週間後です。

両方とも腫れがひいてきて、右はかなり見やすくなったそうです。左も改善傾向ですね。




1か月後です。左の腫れはすっかり引いてきれいな二重になりましたが、ご本人的には右の瞼がもたっとして重い感じが気になってきたと。この見かけの二重幅の事を「pretarsal show」と言いますが、左に比べて右のPretarsal Showはほとんど見えません。しかしこれが切らない眼瞼下垂手術の限界と思います。いつか左も被さってきたら、その時は切る時かもしれませんね。



術後5か月です。

今ではアイプチをしていた苦労も忘れ、快適に過ごされていると言う事です。

やはり顔を切るのは勇気がいることです。切らない眼瞼下垂でダウンタイムも軽くて済み、機能改善もできるなら、一つのオプションになりうると思えた症例でした。(*術後の経過や結果には個人差があります。)




元町マリン眼科では、眼瞼下垂の日帰り手術を行っています。 眼瞼下垂手術は下垂による症状があり、診断基準を満たせば保険適応での手術が可能です。


  • 瞼が下がって視界が狭い。

  • 上の方や横の方が見にくい。

  • テレビや本を見ていると瞼がつぶれてくるので手で持ち上げている。

  • おでこや頭に力が入って頭痛や肩こりが取れない。

  • 睫毛が被さって見にくい、あるいは睫毛が良く入る。


などが代表的な症状です。

眼瞼下垂でお困りの方は、元町マリン眼科へご相談ください。


眼瞼下垂手術について



手術の費用:3割負担で両眼で50000円前後、1割、2割負担の方は自己負担上限金額です。

また、眼瞼下垂を伴う全身疾患が疑われる場合は初診時に採血を行います。初診料と合わせて6千円程度かかります。

手術時間は両眼で1時間程度で、局所麻酔下に行います。


ダウンタイム:2~3日はかなりまぶたが腫れます。1週間後に抜糸を行います。内出血は1~2週間で徐々に軽快します。



リスク:出血、痛み、低矯正、再発、創感染、薬剤アレルギーなど、ごくまれに瘢痕形成。


#切らない眼瞼下垂 #眼瞼下垂手術

#挙筋短縮術

#重瞼形成術 #二重手術 #埋没手術

#眉下切開 #眉下リフト

#横浜元町

#美容皮膚科 

#IPL 

#シミ取り 

#いぼ取り

#ボトックス 

#ハイフ

#女医

#元町マリン眼科




閲覧数:199回0件のコメント

最新記事

すべて表示