眼科のご案内
外来診療時間・担当医師
眼科 診療のご案内

●診療時間

月 10:00~13:30(田勢)/ 15:00~18:30(院長)

火 10:00~13:30(院長)/  午後 完全予約制(手術/処置)

水 10:00~13:30(院長)/ 15:00~18:30(院長)

金 10:00~13:30(院長)/ 15:00~18:30(武田)

土 10:00~13:30(院長)/ 15:00~18:30(院長)

​※終了時間の30分前までに受付をお済ませ下さい

●休診日

木・日・祝

・眼瞼下垂症、逆さまつげの手術などの診察は、執刀医の院長の診察日にお越し下さい。

​・斜視、弱視等、お子様の視力に不安のある方は、視能訓練士がいる月曜日/水曜日にお越しください。

・コンタクト処方、メガネ処方ご希望の方は、月曜・水曜・金曜の午後、または土曜の午前午後にお越し下さい。

 (初めてメガネ・コンタクトレンズ処方をご希望の方は、終了時間の1時間前までにお越し下さい。)

・稗粒腫など、目周りの審美的なご相談は、まずは美容カウンセリングでご予約をお願い致します。

ご予約の方優先(時間予約制)となります。また曜日や時間が決まっている検査もございます。詳しくはご予約ページをご覧下さい。

◆​眼科 外来担当医一部変更のご案内◆

記日程におきまして、眼科外来担当医が変更となります。ご了承ください。

 10/22(土) 15:00~18:30:蓮見院長⇒山本医師

 10/29(土) 10:00~13:30 / 15:00~18:30:蓮見院長⇒中西医師

※蓮見院長以外の担当医師の時間帯は眼瞼下垂症手術や逆さまつげ手術の診察は休診となります。ご注意ください。

対象疾患

〇近視、遠視、乱視、老視 

眼鏡処方 〇コンタクトレンズ処方

緑内障 〇白内障 〇加齢黄斑変性 

糖尿病性網膜症

色覚異常 〇斜視、弱視 

ドライアイ 〇アレルギー性結膜炎

逆さまつげ 〇眼瞼下垂症 〇翼状片 

眼瞼腫瘍ものもらい

ぶどう膜炎 〇網膜色素変性症

その他

〇セカンドオピニオンや、病気についての相談等も対応いたします。

〇どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談下さい。

提携医療機関 

 

​白内障などの内眼手術、入院対応が必要な患者様は提携医療機関にご紹介いたします。

​ご希望の紹介先がございましたらご相談ください。

当院の設備 
眼底カメラ付き光干渉断層計(Retina Scan Duo™
IMG_1596.JPG

網膜疾患の診断・治療に欠かせない存在となったのが光干渉断層撮影装置(OCT)です。当院で採用しております眼底カメラ付き光干渉断層計(Retina Scan Duo™)はコンパクトながら高画質な撮影が可能、眼底カメラ一体型なので、ご移動などの負担なく、両方の検査が短時間に行えます。

自動視野計(コーワAP7700

​その他、院内の設備についてはブログもご覧下さい

IMG_1593.JPG

緑内障の進行を判定するために、定期的な視野検査が必要です。当院で採用しておりますAP7700は中心視野検査、全視野検査、スクリーニング検査、閾値検査、イソプター検査など、多種多様な検査プログラムを備えています。 また、多くの静的検査に加えて、動的検査や、時間短縮モードを備えた検査、マニュアルで行う検査をすることが可能です。 健常人データベースは日本人データベースを採用しており、日本人に多い正常眼圧緑内障の診断に有用です。イソプター検査には、視野障害等級判定支援機能があり、視覚障害の等級判定にも対応しています。

ヘスコージメータ(赤緑試験)
IMG_1597.JPG

ものが2つに見える、ダブってくる状態を複視といいます。眼は二つあるがゆえに両眼の向きや動きがそろってないと複視が起こります。赤緑のレンズで両眼を分離してそれぞれの眼の動きを見る検査です。斜視や神経麻痺による眼球運動障害などの検査です。