• HASUMI

被さる瞼を折りたたむことで開けやすくなった眼瞼下垂

このところ、敢えて症例写真を載せずに他の話題をブログにしていました。先日もブログに書いた通り、GXXgleの掲載順位が下がったためなのかブログの閲覧者数が減る一方なので、いろいろと試してみてるのですが一向に改善しません。


その一方で、手術中に患者さんとお話しして、やっぱり患者さんとしては、症例写真が載っている方が安心出来る、と言ってくださる方が多かったのです。

今日はそんなブログを見て来てくださった方のお一人が、「自分もブログがきっかけだったので、写真使っても大丈夫です」とおっしゃって下さったのでご紹介いたします。(お写真のご協力ありがとうございました!)





向かって右側、左眼の瞼が被さって見づらい、という訴えでいらっしゃった方です。

確かに左側は重瞼線がうすく、食い込みがないので皮膚が被さって見にくそうです。右の様に二重にしたら見やすくなるかもしれません、と言う事で左の重瞼形成を行う方針としました。


左手術直後です。切開法で行いました。翌日の腫れはこのくらいは普通です。2日間は飲酒や運動、長湯をするなどは控えましょう。




抜糸をする1週間後にはこのくらいに引いています。でもまだ完全にひいてはいませんね。



1か月もすると、重瞼幅も落ち着いて、ほぼ完成形です。

この時点で、右が開けづらくなってきたという訴えがありました。

手術をしていない右眼の眉が上がってしまっていて、右眼の方がやや被さるようになってきたそうです。夕方になると顕著になってきて疲れるので右も手術して欲しいとご希望されました。



右も重瞼形成を行いました。翌日は腫れていますね。



右1か月後です。右の腫れは完全には引いていませんが、ほぼ完成形です。ご本人はとても気に入っているそうで、ブログへの出演も快諾して下さいました。




閉じると傷の赤みがまだあります。皮膚はくっついていても皮下の炎症は落ち着くまで3ヶ月から半年くらいはかかります。その間は赤く腫れたり、浮腫んだり、痒みや違和感を感じることがあります。(経過には個人差があります)

今回は切開法での重瞼形成(二重手術)のご紹介でした。



元町マリン眼科では、眼瞼下垂の日帰り手術を行っています。

眼瞼下垂手術は下垂による症状があり、診断基準を満たせば保険適応での手術が可能です。


  • 瞼が下がって視界が狭い。

  • 上の方や横の方が見にくい。

  • テレビや本を見ていると瞼がつぶれてくるので手で持ち上げている。

  • おでこや頭に力が入って頭痛や肩こりが取れない。

  • 睫毛が被さって見にくい、あるいは睫毛が良く入る。

などが代表的な症状です。

眼瞼下垂でお困りの方は、元町マリン眼科へご相談ください。




眼瞼下垂手術について



手術の費用:3割負担で両眼で50000円前後、1割、2割負担の方は自己負担上限金額です。

また、眼瞼下垂を伴う全身疾患が疑われる場合は初診時に採血を行います。初診料と合わせて6千円程度かかります。


手術時間は両眼で1時間程度で、局所麻酔下に行います。

ダウンタイム:2~3日はかなりまぶたが腫れます。1週間後に抜糸を行います。内出血は2週間程度で徐々に軽快します。1ヶ月位は朝むくんだり、まぶたが赤いなどの症状が見られることがあります。傷の赤みは半年くらいで徐々に改善していきます。



リスク:出血、痛み、低矯正、再発、創感染、薬剤アレルギーなど、ごくまれに瘢痕形成。


#元町マリン眼科

#眼瞼下垂手術

#眼瞼下垂日帰り手術

#二重手術

#逆さまつげ手術

#埋没法

#眉下切開

#眉下リフト

#アートメイク

#美容皮膚科

#美容ナース

#女医

#元町商店街

#横浜元町


閲覧数:315回0件のコメント

最新記事

すべて表示