top of page
  • 執筆者の写真HASUMI

左右差のある眼瞼下垂の手術経過

今回は、少し前に手術を受けた方で、左右差のある腱膜性眼瞼下垂の症例をご紹介いたします。

当院初診時は、別の症状で受診されたのですが、眼瞼下垂の症状がみられたため、手術のご案内をしたところ、手術を受けたいと後日相談にいらっしゃった患者様です。

*ご本人の承諾を得てお写真を掲載させていただいております。ご協力ありがとうございました!




術前のお写真ですが、向かって左側の右眼がより下がっている腱膜性眼瞼下垂です。コンタクトレンズの使用歴はないそうです。おでこを一生懸命挙げているので目と眉が離れています。左も目の開きは悪いですね。

この方は挙筋短縮術と瞼の縁の皮膚切除、重瞼形成のフルコース必要そうです。




手術翌日の写真です。内出血で腫れてはいますが、両眼ともぱっちりしてよく開いています。

1週間後には抜糸をしました。この時点では内出血が目の下に回って黄色くなっています。

抜糸後からお化粧はできますので、このタイミングで社会復帰は全然できます。

もちろん、翌日ガーゼを取れば見るのは困らないと思いますので、デスクワークのお仕事なら抜糸を待たなくても大丈夫です。



1か月後には血腫はすっかり取れて大分完成形に近い形になりましたね。しかし、腫れやむくみが完全にとれて、傷の赤みがなくなるまでには3か月から半年くらいはかかります。皮膚はくっついているように見えても皮下組織の炎症は続いていきます。腫れや色素沈着に対しては適宜処方薬などで対応しますので、必ず定期検診は受けるようにしてくださいね。




4か月後の検診時の様子です。上の方が見やすくなり、以前は眠そうな目をしていると言われていたのが、目が大きくなったと周りからも評判が良いそうです。手術後の経過もスムーズにいって手術をして良かったです、と喜んでいただけました。



最近ブログの閲覧数が減ってがっかりしていますが、いいね!やフォローで励まされます。ブログを応援して下さる方は是非いいね!をよろしくお願い申し上げます。



元町マリン眼科では、眼瞼下垂の日帰り手術を行っています。 眼瞼下垂手術は下垂による症状があり、診断基準を満たせば保険適応での手術が可能です。

  • 瞼が下がって視界が狭い。

  • 上の方や横の方が見にくい。

  • テレビや本を見ていると瞼がつぶれてくるので手で持ち上げている。

  • おでこや頭に力が入って頭痛や肩こりが取れない。

  • 睫毛が被さって見にくい、あるいは睫毛が良く入る。

などが代表的な症状です。 眼瞼下垂でお困りの方は、元町マリン眼科へご相談ください。 眼瞼下垂手術について 手術の費用:3割負担で両眼で50000円前後、1割、2割負担の方は自己負担上限金額です。 また、眼瞼下垂を伴う全身疾患が疑われる場合は初診時に採血を行います。初診料と合わせて6~7千円程度かかります。 手術時間は両眼で1時間程度で、局所麻酔下に行います。 ダウンタイム:2~3日はかなりまぶたが腫れます。1週間後に抜糸を行います。内出血は2週間程度で徐々に軽快します。1ヶ月位は朝むくんだり、まぶたが赤いなどの症状が見られることがあります。傷の赤みは半年くらいで徐々に改善していきます。 リスク:出血、痛み、低矯正、再発、創感染、薬剤アレルギーなど、ごくまれに瘢痕形成。


この記事の執筆者


元町マリン眼科

院長 蓮見由紀子

所属学会・認定医

医学博士

日本眼科学会認定専門医

横浜市立大学附属病院非常勤講師(ぶどう膜専門外来)







閲覧数:1,287回

最新記事

すべて表示

2 Comments


mkh
mkh
Aug 13, 2023

地元民ではありませんが、ブログ読んでます。

何でもかんでも先ずは挙筋前転法とはせず、患者さんにあった術式を考えてくれる親身な感じがブログ読むたびに伝わってきます。

ブログ楽しみにしてるので、ブログ続けて下さいね。

Like
HASUMI
HASUMI
Aug 13, 2023
Replying to

mkh様、

ブログをご覧頂き、また暖かなコメントありがとうございます!皆さんお顔も骨格も違うので、症例毎に学ぶ事が必ずあります。これからも頑張りますので応援宜しくお願いします!

Like
bottom of page