• HASUMI

安全安心な目薬のために

以前、目薬の使い方をブログで説明しました。


点眼薬は、開けなければ2~3年は保存できますが、開けてしまったら1か月くらいで使い切らないといけないのです。

1か月というのは短いようですが、でも皆さんはペットボトルのお茶を開けて1か月経っていたら飲みませんよね。


点眼薬も開けたら雑菌に汚染される可能性があります。なので、大抵の点眼薬には保存料が入っています。

代表的な保存料は、塩化ベンザルコニウムという物質です。

界面活性剤としての働きを持っており、手指や手術器具の消毒に広く使われています。

しかし、薬剤ですから副作用が全くないわけはなく、過敏症の方も一定の割合でいらっしゃいます。


特に緑内障の方などは、何剤も点眼を付けているケースが多く、眼の表面が荒れてしまっていて、個々のベンザルコニウムには耐えうるが、蓄積で薬剤毒性が表れてしまっているケースもあります。



先日、院内で日点という目薬メーカーの勉強会がありました。

日点の点眼薬の特徴は、フィルターが内蔵されていて、保存料が入っていない点眼液を清潔に保つことが出来る点眼瓶(PF剤)なのです。




フィルター内臓のため、他の点眼瓶より二回りくらい大きいです。






開けると中蓋の中に白いフィルターが見えます。使用する前に真ん中を押して、開通させる作業が必要です。


点眼のしやすさですが、フィルターを通過してくるので、押してから出てくるまでにタイムラグがあります。そのため高齢者で上を向くのが辛い方は使用が難しいかもしれません。あと、点眼瓶がやや硬いので、指の力がない方も使いにくい印象はあります。


*こんな方にPF剤がお勧め


ドライアイで頻回に点眼する方:今は、乾燥が酷い時期で点眼回数も増えがちです。眼が傷だらけのドライアイの方などは、ベンザルコニウムが蓄積するのが心配ですね。PFなら安心して何回でも点眼できます。


緑内障で多剤併用している方:緑内障の点眼薬は作用が強い分、眼表面への負担も大きいです。特に多剤併用している方は眼の表面が荒れています。余計な刺激は少ない方が良いです。


コンタクトレンズを長時間使用する方:基本的にはコンタクトレンズ装用中は、点眼は不可です。しかし、ワンデータイプのものであれば、コンタクトレンズに吸収される薬剤も僅かなので、問題ないと私は思っています。しかし、裸眼であればウオッシュアウトされる薬剤がコンタクトレンズ内に吸収されて、眼の表面に長時間滞留することを考えると、防腐剤は入ってない方が良いですよね。



こんな複雑な構造のこだわりの点眼瓶ですが、日点の点眼薬は、ジェネリック医薬品のものが多いので、先発品よりも価格は抑えられています。

眼にもお財布にも優しいなら、積極的にPF製剤を活用したいですね!



#元町マリン眼科

#横浜元町

#元町商店街

#眼科

#美容皮膚科

#泌尿器科

#日点

#ドライアイ

#緑内障

#アレルギー性結膜炎




閲覧数:435回0件のコメント

最新記事

すべて表示