top of page
  • 執筆者の写真HASUMI

目の手術後に出血が止まらない!どうしたら良い?


頭を抱えているわけではありません。

眼瞼下垂や霰粒腫の手術の後、出血が止まらない、ガーゼが真っ赤に染まっている。まだ血が垂れてくる。。。そんな時どうしたら良いか、について解説していきます。



①患部を圧迫する。


効果的な抑え方は、手のひらの付け根の膨らんでいる部分を目のくぼみに押し当てて、そのまま頬杖を付くように肘を付きます。頭の重みを手のひらの付け根に乗せるようにすると、体重がかかってちょうどよく圧迫できます。その姿勢で3~5分くらい圧迫してみてください。(上の写真のような姿勢です)



②氷で冷やす。


冷やすと毛細血管が収縮します。冷凍庫にはどの家庭でも何個かお菓子についてくる保冷剤があるものです。(なかったら手術の前にケーキ🍰を食べて補充しましょう!)

あれをティッシュにくるんで押し当てます。1個が溶けるくらい冷やす、というのを1時間1回位行うと良いでしょう。



③安静にする。


動くと血流が増えて、腫れや出血がひどくなりますので、手術当日~翌日くらいはなるべく安静にしてください。しかし、普通の家の中のことはやっても大丈夫です。



④頭を心臓より高くする。


頭を低くするとうっ血してじわじわとした出血や腫れがひどくなりますので、頭は高い位置を保ちましょう。休む時も肩枕などを入れて、なるべく高い位置にしておくと、翌日のむくみや腫れが少し良いです。(寝違えに注意してください)



時々垂れるくらいなら上記の方法で対応してみて、それでもタオルが真っ赤に染まるくらい出る、拭いても拭いても垂れてくるようでしたら、手術を受けた病院にまず連絡しましょう。

眼瞼下垂の手術や逆さまつげの切開法では、意外と出血することがありますので、当院では手術の前、なるべく抗血小板薬や抗凝固薬は中止していただいています。

中止が難しい方は、他の方法を検討することがあります。



本日は、目の手術の後に出血が止まらない時の対応について解説しました。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。いいね、やフォローで励まされますのでぜひ宜しくお願い申し上げます。



閲覧数:1,654回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page