昔の傷跡をレーザーで消してみました

院長の蓮見です。蒸し暑い日が続いていますね。


当院のQスイッチヤグレーザー・スペクトラは入れ墨、Tatooの除去もできます。まずは試してみようという事で、自分の肘の外傷性刺青(外傷の後砂などが入って入れ墨のようになってしまったもの)で試してみました。





子供の頃に転んで肘を怪我したあと、ずっと残っていた外傷性刺青。このような陽の目?を見る時が来るとは…。

スペクトラのTatooモードで1発照射しました。




ガサガサの汚い肘で恐縮ですが、打ったところは白く腫れており、その周りはうっすらと赤くなっています。

1発で消えたように見えます。




照射2日後です。既にどこに打ったかわかりません。かさぶたにもならず、本当にパンって打ったら一瞬で黒さが消えました。照射の痛みは一瞬で、後に痛みもなかったです。軟膏を塗るのすら忘れていました。


昔鉛筆が刺さって跡になっている、古くなったアートメイクなども原理的には入れ墨と同じなので同じ方法で消すことができると思います。

しかし入れ墨はカラフルなものもあり、1回のレーザーできれいにするのは難しいそうです。また、入れ墨は彫ってあるので凸凹しています。その凸凹が無くなるわけではありません。色が薄くなるだけです。


外傷性刺青、入れ墨の除去はメニューには入れてありませんが、お困りの方は相談にいらしてください。

今日もブログをご覧いただきありがとうございました!!



#元町マリン眼科

#美容皮膚科

#レーザートーニング

#シミ取りレーザー

#スペクトラ

#デュアルピール

#ハイフ

#ダーマペン

#女医

#眼瞼下垂手術

#横浜元町

閲覧数:446回0件のコメント

最新記事

すべて表示