• HASUMI

コロナの思わぬ影響

こんばんは。院長の蓮見です。


今日はWeb開催となった臨床眼科学会を視聴しました。


コロナ以降、リアルの開催は一度もなく、8月に開業して一人でやっているので、他の先生とお話しする機会が通常以上に減ってしまっています。

なので、Web開催とはいえ、開催されることに感謝しないといけませんね。



さて、今日の本題はここからです。


今年開業したので、今まで働いていた横須賀とは、来る患者さんの疾患傾向がだいぶ違うなあ、と思っていたのですが、


「なぜか元町はものもらいがやたら多い!!」


と思っていました。

前のクリニックでは二診体制でやっていたこともあり、私はせいぜい週に1人、冬場は全然見ないくらいでした。


8月は一日に何人も来ることもあり、夏だからかなあ、と思っていましたが、秋になっても途絶えることなく、やはり1日に何人も来ることがあります。


今日瞼のインストラクションコースを見ていて、演者の先生が全く同じ所感を持っていたそうで、その先生はマスクの影響を推測されていらっしゃいました。


確かにマスクをつけていると、呼気からの湿気た温かい蒸気が瞼を直撃しますね。

瞼の常在菌の繁殖に一役買っているのかも。

マスクでニキビができるのと同じような感じでしょうか?!


なので、今年は冬もその傾向は続くのかもしれません。。。皆様、ものもらいにお気を付けくださいね。